一般社団法人郡山医師会の公式ホームページです。

一般社団法人郡山医師会

トップページ > 郡山医師会について > 郡山医師会について

郡山医師会について


会長からのご挨拶


土屋繁之会長

ご 挨 拶

 郡山医師会は、開業医や勤務医が力を合わせ地域の医療・保健を守るため、お互い切磋琢磨しながら地域の皆さまのお役に立てるような事業を継続的に行っている団体です。会員各位の日頃の診療はもとより、皆さまの健康を脅かす事案があればいち早く解決に向けて動き出す仕組みが本会内に確立されています。しかし、一昨年端を発した新型コロナウイルス(COVID-19)対応におきましては治療薬もない、ワクチンもない状況下で未知の感染症と対峙する厳しさを思い知らされています。そして、この新しい感染症の治療経験がないばかりに十分な対応ができず、感染者が出るたびに右往左往させられています。このような経験は近代医師会活動のなかでも未だかつて経験していない状況だと思います。

 しかし、COVID-19は郡山医師会会員の絆の強さを改めて示してくれました。COVID-19に対する感染対策や発熱者診療において郡山市、郡山市保健所との連携の中で本会は多くの対応を迫られました。しかし、この未曾有の感染症を眼の前にしても福島県内他のどの医師会よりも迅速かつ適切な対応ができました。それは本会理念である「人の和は、わが医師会伝統の美風にして、その業績は蓋し天下の模範たるべし」とあるように、どの会員も自分勝手な動きをせず、周りの動きをしっかりと見極め、郡山市全体として取るべき対応をしました。そして、専門知識豊富な先生方が協力し結果を残して下さりました。具体的には、感染対策の先頭を切って総合南東北病院・星総合病院が帰国者・発熱者外来を開いて発熱者の診療窓口となり、更には自院の病棟の一部をCOVID-19感染者病棟として整備し、陽性者を受け入れました。その後は寿泉堂綜合病院、太田西ノ内病院が次々と体制を整え、陽性者の受け入れ態勢として重症者対応も含め郡山市内で完結できるまでになりました。残念ながら太田西ノ内病院でクラスターが発生しましたが、大きなリスクを抱えながら患者の治療に追われる中、しっかりと感染対策を行ったにも関わらず感染者が出たという事実でしかありません。周りから責められたり、行っている医療において下を向くような性格のものではありません。その太田西ノ内病院もお陰さまでもう間もなく収束できる目途がたちました。本当に良かったです。

 また、3月上旬より医療従事者から待っていたワクチン接種が始まり、4月12日からは高齢者への接種が始まりました。届けられるワクチンの量が少なく、かつ不定期なため医療従事者でもまだ十分な接種が済んでいないばかりか、皆さまのご要望に十分な応える体制にありませんが、現時点ではワクチン接種が頼みの綱となっています。安定的にワクチンが供給される5月下旬ころからは皆さまが安心・安全に無事ワクチン接種が行われますよう医師会総力を挙げて取り組みたいと考えています。

 私たちは新型コロナウイルス感染症に感染するのではという不安を抱えて毎日を過ごしています。しかしこの状況は今まで健康だった心身のバランスを大きく崩す危険を孕んでいます。皆さまには上手にストレスを避け自分の健康を守るよう努めて頂きたいと思います。そして困ったときは遠慮なくかかりつけ医にご相談頂きたいと思います。一日も早いCOVID-19の収束を願ってご挨拶とさせて頂きます。

                    令和 3 年 4 月

                    一般社団法人郡山医師 会長 土 屋 繁 之


理 念


人の和は我が医師会の伝統の美風にして其の業蹟と共に蓋し天下の模範たるべし


概 要


一般社団法人郡山医師会 事務局( 郡山市保健所3階 )

所在地:〒963-8024 福島県郡山市朝日2-15-1
TEL:024-922-8087 / FAX:024-933-3822
会員数:689名(令和3年3月現在)

周辺地図


役 員


役 職 役 員 氏 名
顧 問  松井 元右
会 長  土屋 繁之
副会長
 原 寿夫
 佐藤 昌保
 寺西 寧
 坪井 永保
理 事
 天田 康
 金澤 正晴
 酒井 英明
 佐久間 啓
 佐藤 功一
 新保 卓郎
 清野 弘明
 野水 整
 長谷川 隆哉
 松本 昭憲
 山澤 正則
 山本 純
 太田 健二
 隅越 誠
 福井 謙
監 事
 五十嵐 忠行
 岩波 洋
 吉田 初雄
議 長  鉄地川原 正顕
副議長  藤岡 薫
(更新日:2021年03月01日)

委 員 会


 

組 織 区 分 委 員 会 名
総 務
 庶 務
 経 理
 渉 外
 定款諸規程検討
 医事紛争
医 業 経 営
 医業経営(一般)
 医業経営(労災)
 医業継承
 外国人医療対策
福 利 厚 生  福利厚生
広 報
 会 報
 郡医ニュース
 年 報
 健康情報
学術生涯教育  学術生涯教育
病 診 連 携  病診連携
医 療 保 険  医療保険
救 急 医 療
 一次救急医療
 二次救急医療
母子・学校保健
 小児保健・予防接種
 妊婦保険
 学校保健
 保育所・幼稚園保健
産 業 医  産業医
スポーツ医学  スポーツ医学
生活習慣病対策
 特定健診・特定保健指導(循環器)
 特定健診・特定保健指導(眼底)
 子宮がん
 乳がん
 肺がん
 胃がん
 大腸がん
 前立腺がん
 骨粗鬆症
 肝炎ウイルス
 糖尿病対策推進
老人・障害福祉
 介護保険
 障害者総合支援
医療安全対策  医療安全対策
特別委員会
 メンタルヘルス
 郡山市震災後こどものケアプロジェクト
 地域医療構想策定
 在宅医療・介護連携推進特別委員会
 感染症危機管理対策
 警察医支援対策
 放射線対策
病院等運営  郡山市医療介護病院
郡山看護専門学校運営  郡山看護専門学校
(更新日:2021年03月01日)

沿 革

 福島県のほぼ中央に位置する郡山市の医師会であり会員数は約690名(令和3年3月現在)です。明治40年に安積郡医師会として設立、大正9年勅令により安積郡医師会となりました。大正13年には郡山市制が施行、一時郡山市医師会と安積郡医師会の2つが並存しておりましたが、後に合併となり郡山医師会になりました。また、平成26年度に一般社団法人に移行し現在の一般社団法人郡山医師会となっております。

(更新日:2021年03月01日)

問い合わせ(ご入会希望の方)

一般社団法人郡山医師会
〒963-8024
福島県郡山市朝日2-15-1
TEL 024-922-8087
FAX 024-933-3822

ページの先頭へ